ラククレ

クレジットカードのお得な情報や使い方をご紹介します!

楽天カードvsリクルートカード比較!決め手はコレ!!

更新日:

 

ネット通販大手、楽天のクレジットカード「楽天カード」

リクルートホールディングスの高還元率クレジットカード「リクルートカード」

共にライバルと言っていいほどよく比較されるクレジットカードですが、この二つのカード、年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードですのでどちらを作ろうか悩んだ方も多いのではないでしょうか?

そこで

「楽天カード」「リクルートカード」をわかりやすく比較してみました。

「どっちが私におすすめなの?」

「楽天カードとリクルートカードの違いってナニ?・・」

という方に、カードを作る前から作って後まで順にまとめてあります。

是非読んでもらいたいと思います。

楽天カードの申込みはこちら

 

 

Yahoo! JAPANカードの申込みはこちら

 

 

 

結論

2枚持ちしている私の考えるおすすめはこちら

二枚持ちがおすすめです! おすすめ使い方

楽天カード[1.0%]

  • 楽天市場や楽天グループでの買い物に限定

リクルートカード[1.2%]

  • 楽天市場以外の買い物
  • ナナコのチャージや電子マネーチャージ

2枚使い分けるのが面倒な人は

「楽天カードがおすすめの人」

ポイント還元率は劣るが楽天市場を使ったポイントUPの比率が大きいためポイントがたまりやすいのは楽天カード、使い道が多いのも楽天カードが有利!

「リクルートカードがおすすめの人」

ポイント還元率が楽天カードよりも高く、電子マネーチャージが可能な点がメリット!新規入会ポイントもリクルートカード有利!!

 

 

2枚のカードについて簡単にまとめると次の通りです。

  リクルートカード 楽天カード
 
年会費 無料 無料
還元率 1.2% 1%
ポイント リクルートポイント
(Pontaに交換可能)
楽天スーパーポイント
nanacoチャージ 1.2% ×
楽天Edyチャージ 1.2%※ 0.5%
入会ポイント 6,000〜
8,000
5,000〜
8,000

※リクルートカードVISA・Mastercardの場合

対象となる電子マネーチャージ
JCBブランド
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
Mastercard(R) / Visaブランド
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

 

 

基本情報比較

 

基本情報

まずは「リクルートカード」と「楽天カード」の基本的な情報です。

 

  リクルートカード 楽天カード
 デザイン  
 年会費  無料  無料
 家族カード  無料  無料
 ETC
年会費
無料
ただし
(Mastercard(R)
/ Visa)は
新規発行手数料
が1,000円必要
500円
(税別)
条件付
で無料
 資格 高校生
を除く
18歳以上
高校生
を除く
18歳以上
 国際
ブランド
JCB
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
AMEX
 ポイント
システム
リクルートポイント
Pontaポイントに交換可能
 楽天ポイント
 還元率  1.2%  1.0%
 旅行保険 海外旅行 
2,000万円
(利用付帯) 
国内旅行 
1,000万円
(利用付帯)
海外旅行 
2,000万円
(利用付帯) 

基本情報で見ると、そこまでの違いはありません.

両者共に、年会費無料で高還元率というポイントを抑えたクレジットカードになっています。

 

 

入会キャンペーン比較

カードを作る前に考えるのは、せっかくなら入会することで、たくさんポイントをもらえるカードがいいですよね?ということです。

リクルートカードと楽天カードの入会キャンペーンでもらえるポイントを比較します。

 

  リクルートカード 楽天カード
合計 6,000〜
8,000ポイント
5,000〜
8,000ポイント
入会特典 1,000ポイント 2,000ポイント
利用特典 2,000〜
4,000ポイント
3,000〜
6,000ポイント
携帯電話
決済登録
3,000ポイント  
ポイント
付与日
入会特典 
:カード到着時
利用特典 
:初回請求
の翌日
携帯登録特典
:初回請求
の翌日
入会特典 
:カード到着時
利用特典 
:初回利用日の
翌月20日頃

 

 

楽天カードの方がやや有利と言ったところでしょうか。

 

  • 両者とも期間限定ポイントを含む
  • リクルートポイントはPontaポイントに交換不可(リクルートグループで消費する必要あり)
  • リクルートカードは週末に8,000ポイントにUPします。(毎週ではない)楽天カードは7,000と8,000ポイントの時がありリクルートカードよりもチャンスは少ない。
  • リクルートカードの携帯電話の支払い登録特典がめんどくさい。対象会社:NTTdocomo、au、SoftBank、Y!mobileに限られる

どちらにせよ両者とも他のカードにはない大量の入会ポイントをもらえる点ではかなりお得だと言えるでしょう。

 

楽天カード入会ポイント最大8000ポイントを狙いたい方はこちら

 

 

審査で比較

クレジットカードを作る前にもう一つ考えるのは、審査に通るのか?です。

そこで審査について比較しました。

結論から言うと、「どちらも審査はゆるく、通りやすい」です。

2枚のカードとも申し込み条件は同じで「高校生を除く18歳以上」となっています。

楽天カードは審査が甘くて有名なカードです。私の場合は当日中に審査結果がきましたが、2〜3日かかった人もいるようです。

リクルートカードも以前は審査が早いことを売りにしていましたので1週間以内で発行まで完了することが多いようです。

 

 

ETCカードで比較

次はクレジットカードを作る際の問題、「ETCカード」です。

ETCカードを作る人は有料なのか無料なのか?気になるところですよね。比較しました。

結論から言うとETCカードを作るのであればリクルートカードが有利です

 

  リクルート
カード
楽天カード
ETC 無料
ただし
(Mastercard(R)
/ Visa)は
新規発行手数料
が1,000円必要
500円
(税別)
条件付き
無料

しかしリクルートカードのおすすめ国際ブランドはmastercardかVISAです。その際初回のみ手数料1,000円かかってしまいます・・

一方、楽天カードのETC年会費も簡単に無料にできます。

楽天カードのETC年会費を無料にするための条件は、楽天会員ランクがプラチナランク以上であること、です。

 

楽天会員プラチナランクの条件はこちら

過去6ヶ月間で2000ポイント以上獲得、かつ

過去6ヶ月間で15回以上のポイント獲得

 

楽天市場でお買い物をするのであればあっという間に達成できる条件です。

楽天会員をランクアップさせるコツはこちら

楽天ダイヤモンド会員はお得?プラチナ会員止まりの方へ!ランクアップ方法

(2018年10月18日更新) あなたは楽天会員ランク、ダイヤモンドになったことはありますか? 楽天市場などでお買い物をする前に登録する「楽天会員」この楽天会員最上位ランクがダイヤモンド会員です。 色 ...

続きを見る

 

電子マネー・モバイル決済で比較

次はクレジットカードを作った後の問題、「電子マネー・モバイル決済」についてです。今使っているサービスがクレジットカードに対応しているか?気になるところですね。

結論から言うと電子マネーチャージ・モバイル決済についてはリクルートカード有利です

 

電子マネー チャージ

  リクルート
カード
楽天カード
nanaco
(1.2%還元)

楽天Edy ◯※
(1.2%還元)

(0.5%)
モバイル
Suica

(1.2%還元)

(還元なし)
SMART
ICOCA
○※
(1.2%還元)

(還元なし)

 

※JCBブランドのリクルートカードはチャージできません。

【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

[注意]リクルートカードの電子マネーチャージのポイント還元対象金額の上限は3万円までです。

 

 

モバイル決済サービス対応

 

  リクルート
カード
楽天カード
Apple
Pay
Google
Pay
楽天
Pay

JCB不可

 

やはりリクルートカードの方が電子マネーのnanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAにチャージでポイントが貯まるのはかなり大きいメリットです(JCBブランドは2つ)

ただ、他社のカードでもnanacoチャージは縮小傾向にありますので、今後も還元ポイント数は継続されることを願っています。

気になるのが楽天のサービスである「楽天Edy」なのにリクルートカードの方がポイント還元率が高い・・というおかしな点です。もう少し頑張って欲しいですね。

 

[重要!] 貯まるポイントで比較 

「Yahoo! JAPANカード」、「楽天カード」共にネット通販大手のカードですので当然提携サービスで使うことで獲得ポイントが何倍にも跳ね上がります。

  • 「リクルートカード」ではポンパレモールなど。
  • 「楽天カード」では楽天市場などです。

結論から言うとポイントの貯まる倍率は楽天カード有利です!

しかし無条件で貯めたいならリクルートカードもおすすめです

 

両カード共に基本はポイント3倍!

リクルート
カードで
ポンパレモール
利用
楽天カードで
楽天市場利用
カード利用で4.2% カード利用で3倍

じゃらん利用
3.2%

ホットペッパー
ビューティー
・グルメ
利用で
3.2%

楽天モバイル利用
+2倍

楽天ゴールドカード
で+2倍

楽天市場アプリ利用
+1倍

楽天ブックス利用
+1倍

楽天トラベル利用
+1倍

楽天ブランド
アベニュー利用で
+1倍

楽天TV NBA加入
で+1倍

楽天ビューティで
+1倍

楽天銀行で+1倍

楽天証券で+1倍

合計で
最大4.2%
合計で
最大15倍

両者とも最大倍率は4.2%と15倍!で楽天カードがすごいのですが、楽天カードの場合条件が細かいのですべて達成するのは現実的に考えて難しいです。

 

リクルートカードのポイントUP

  • ポンパレモールでお買い物(3%以上還元)+リクルートカード(1.2%)=4.2%
  • じゃらんで旅行(2%以上還元)+リクルートカード(1.2%)=3.2%
  • ホットペッパーグルメ・ビューティー利用(2%以上還元)+リクルートカード(1.2%)=3.2%

 

リクルートカードのいいところは特に何も考えずに使っても高還元率になる、というところです。無条件でポイントが貯まるのはめんどくさい方にはメリットです。

ただポンパレモールの出店数は4,000店前後、対して楽天市場は45,000店と10分の1の規模ですので使いにくいです。ポイントを貯める主力になるのは「じゃらん」と「ホットペッパー」でしょう。

 

楽天カードのポイントUP

 

楽天SPUは、10個の条件を組み合わせることで、楽天市場でのお買い物をいつでも最大15倍還元で利用することができます!!

ポイントアップの条件は月間の楽天市場での利用条件によって自動で組み合わせされ、その月の楽天市場でのお買い物がすべてポイントアップの対象となります。勝手にポイントアップしてくれるということです。

[通常購入分 1倍(100円で1ポイント)]

楽天カード使用 2倍

楽天ゴールド・プレミアムカード使用 2倍

楽天銀行で楽天カードの引き落とし設定 1倍

楽天モバイル利用 2倍

楽天市場アプリ使用 1倍(当月1回以上買い物)

楽天トラベル利用 1倍

楽天ブックスor楽天Kobo利用 1倍(2,000円以上利用)

楽天ブランドアベニュー利用 1倍

楽天TVのNBA orパリーグのチャンネル契約 1倍

楽天ビューティーの利用 1倍(1,500円以上利用)

楽天証券の利用 1倍

全て使うと最大15倍になります!

 

楽天市場でポイント15倍もらうためにはかなりハードルが高いです。私が使う際は楽天アプリとたまに楽天ブックスや楽天トラベルを使うくらいなのでその時の倍率は

カード利用で3倍+楽天アプリで1倍+楽天ブックスor楽天トラベルで1倍5倍くらいです。

しかし楽天市場では5の倍数の日(5日・10日・15日・20日・25日・30日)にポイント+2倍です
*Yahoo!ショッピングでは5のつく日にポイント+2倍(5日・15日・25日)なので、回数としては楽天の方が多い!

先ほどの5倍+2倍=+7倍まで無料で簡単にポイントが貯められる、というのが楽天のいいところです!

 

 

ポイント使い道で比較

次はポイントが貯まったら、使う!ということで使い道の問題です。

結論からいうと、

ポイントを消費しやすいコンビニなどの利用を考えるとリクルートカードが有利です

  • Ponta加盟店 20万店
  • 楽天ポイント加盟店  50万店

ですが加盟店数、使える店舗の幅広さでは楽天カードが有利になります。しかも楽天Payを使えばローソンでも使用できます!

比較していきます。

 

  Pontaポイント
(リクルートポイントと交換)
楽天
スーパーポイント
(楽天カード)
コンビニ・
スーパー

ローソン
ローソンストア100
Oisix
大和
ライフ
髙島屋など

ポプラ
フジ
ピュアークック
大丸
松坂屋
ツルハドラッグ
など
飲食店 大戸屋
ケンタッキー
ピザハット
ホットペッパーグルメ
など
マクドナルド
くら寿司
ミスタードーナツ
プロント
ペッパーランチ
など 
ネット
ショッピング
ポンパレモール
Oisix
じゃらん
など
楽天市場
楽天トラベル
楽天ブックス
楽天マート
ラクマなど 
航空会社 JALマイル ANAマイル
電力会社 関西電力
東京ガス
アストモス
エネルギー
楽天エナジー
など 
ガソリン
スタンド
昭和シェル石油 出光
伊藤忠など 
その他 GEO
AOKI
オリックスレンタカー
三洋堂書店
など
楽天モバイル
ホワイト急便
など 

 

貯まったポイントの使い道は人それぞれです。コンビニで気軽に使ったり、欲しいものを買ったり、消耗品をやすくするために使ったり、マイルに変えたり。

上記の表でよく使う店舗が入っているとそのカードのポイントが使いやすいですね。

 

リクルートカード

ローソンローソンストア100で使えるのでPontaポイントが使えるリクルートカードはやっぱり便利です!

さらにローソンのお試し引換券で利用して安く商品を手に入れる!

ローソンの店内には『Loppi』という端末が置いてあります。ポンタポイントを使ってお試し対象商品の引換券を発行することができるのです。お試し引換券対象商品には色々な商品がありますが、さらに値引きされお得にポイントも使えます!

 

楽天カード

以前使えていたサークルKサンクスで楽天ポイントが使用できなくなったため、コンビニで使用できないという点がネックです。

しかし楽天Payを利用することで、なんとローソンでの利用が可能となります。(しかも期間限定ポイントも消化できる!)楽天Payはクレジットカードを出さなくても、スマホで決済できるサービスです。
しかも楽天カードならさらに楽天ポイントが貯まります!楽天Payの使えるお店はこちら

そして楽天Payよりも便利なのが楽天Edyです。楽天Edyはチャージが必要な電子マネー決済サービスです。メリットは使えるお店の幅広さです!コンビニ・スーパー・ドラッグストアーなどどこでも使えます。ポイントをチャージする手間はかかりますが(おサイフケータイなどはスマホで完結できる)、Pontaポイントカードをしのぐ幅広さです!楽天Edyの使えるお店はこちら

 

 

期間限定ポイントで比較

次はポイントが貯まったあと、両者とも期間限定で消滅してしまうポイントがあります。期間限定ポイント問題です。

期間限定ポイントとは簡単にいうとキャンペーンなどで「ポイント20倍!」の時に実は内訳があって、そのうち15倍分のポイントは期間限定ポイントです。みたいなことがあります。通常のポイントは1年間有効ですが、期間限定ポイントは2ヶ月とかで消滅するので使わないともったいないです。そこで使い道の比較をします。

結論は楽天カード有利です。

  リクルート
カード
(リクルート
ポイント)
楽天カード
(楽天
スーパー
ポイント)

オンライン

使い道

ポンパレモール
じゃらん
じゃらんゴルフ
ホットペッパーグルメ
ホットペッパービューティー
など
楽天市場
楽天ブックス
楽天トラベル
など
実店舗
での
使い道
 ×  ○

 

リクルートカード

リクルートポイントの期間固定ポイントは実店舗での利用・Pontaポイントやマイルへの交換ができません

したがって、ローソンやゲオなどでは利用ができません。

使い道はオンラインでの利用に制限されます。

  • じゃらん (旅行)
  • じゃらんゴルフ (ゴルフ場)
  • ポンパレモール (ショッピングモール)
  • ホットペッパーグルメ (飲食店)
  • ホットペッパービューティー (美容室・ネイル)

ホットペッパーグルメは使いやすそうに見えますが、基本予約しないとポイント消費できません。

 

楽天カード

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントは、楽天Edyのチャージ・ANAマイルへの交換が不可

楽天スーパーポイントの場合、オンラインサービスはもちろん、実店舗(マクドナルドやミスタードーナツなど)でも使用できます。楽天スーパーポイント実店舗の使えるお店はこちら

楽天Payは使用可能なのでローソンでの利用ができます。

通常ポイントと変わらない感覚で利用できます。

 

期間限定ポイントは期間が短いため、少額しかたまらず、100円単位などで利用期限が迫ってくることが多々あります。例えば、

「256ポイントが明日までの期間だ!」

となった時に、オンラインの買い物で欲しいものがない時などに困りますよね?少額の商品は送料がかかってしまうこともありますし・・

そんな時にローソンやマクドナルドなどの実店舗で利用できるのはかなりありがたいので、楽天スーパーポイントが有利となります。

 

 

海外旅行保険で比較

次はクレジットカードを作った後に海外旅行に行った場合の問題。海外旅行保険のお話です。

クレジットカードには海外旅行などでの万が一に備え、保険が付帯してくるカードがあります。無料なのでついているとありがたいものです。

結論はリクルートカードが有利です。

 

  リクルートカード 楽天カード
国内旅行保険 最高1,000万円 なし
海外旅行保険 最高2,000万円 最高2,000万円
海外旅行保険
(傷害/疾病)
最高100万円 最高200万円
ショッピング保険 200万円 なし
商品未着保証 なし あり
ネット不正保証 なし あり

 

 

海外旅行保険

リクルートカード、楽天カード共に大きな違いはありません。

ただ、旅行中に一番使う可能性が高いのは傷害・疾病保証です!

この項目については楽天カードが200万円と高額の保証内容です。

 

しかし注意点があります。楽天カード、リクルートカードの海外旅行保険は利用付帯であることです。簡単にいうと、旅行代金、もしくは旅行までの交通機関・タクシーなどでカードを利用していることが条件です。

 

楽天カード会員限定 ハワイラウンジが利用できる

楽天カードではホノルルの楽天カードラウンジを利用できる特典もあり、ハワイ旅行には非常に便利なカードです。

 

ホノルルには3つのクレジットカードラウンジがあり、カード会社・国際ブランドによって利用できるラウンジに違いがあります。楽天カードの場合使えるラウンジが広がります。そのほか海外旅行で使える便利なサービスもあります。

ハワイ旅行行くなら保険・サービス充実の楽天カードが有利ですね♪

 

ショッピング保険

リクルートカードではショッピング保険というものがついてきて上限200万円まで補償してくれます。

海外・国内問わず、カードで決済したものについて適用されます。ただし除外されるものもあり携帯電話・スマホなどは対象外となります。

詳しくはこちら

 

まとめると

  • 海外旅行行くなら楽天カードが有利です。
  • 国内旅行保険・ショッピング保険についてはリクルートカードが有利です。

 

 

ゴールドカードを持ちたい場合

次はクレジットカードを使い慣れた頃、「もっとお得にグレードアップしたいな」と思うこともあるかもしれません。そんな時のゴールドカード問題です。

クレジットカードのランクアップを考えるなら楽天カードが有利です

 

  リクルート
カード
楽天
カード
カードの
種類
通常カード 通常カード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天ブラックカード
 など

 

通常カードのワンランク上の楽天ゴールドカードは年会費2,000円でポイントアップや補償内容がグレードアップするなど、お得な内容になっています。

カード履歴によってはゴールドカードやプレミアムカードへの招待状が届いたりもします。

クレジットカードのランクアップを考えるなら楽天カードが有利ですね。

楽天ゴールドカードについてはこちら

[完全版]楽天ゴールドカード!メリットたくさん、おすすめの理由

(2018/9月28日更新) 2016年9月 新しく楽天ゴールドカードが誕生しました。 「楽天ゴールドカードは年会費かかるけど、通常カードとどちらがお得なの?」 「楽天カード気になってるけどゴールドカ ...

続きを見る

 

リクルートカード

現状リクルートカードではゴールドカードは存在しません。

ですが、もしかしたら今後はゴールドが出るかもしれません・・今後に期待しましょう。

 

比較まとめ

 

両者のメリット・強みをまとめました

 

リクルートカードがおすすめの人

リクルートカードの強みは何と言っても、現金同様に使えるPontaポイントです

年会費無料なのに1.2%の超高還元率

色々な電子マネーにチャージしても1.2%貯まる!

使い勝手のいいPontaポイントと交換できる!

国内・海外旅行保険も充実。ショッピング保険までついてくる

年会費無料で1.2%の還元率は他にありません。その還元率が電子マネーにチャージしてもポイントが貯まっていきます。電子マネー・スマホ決済に幅広く対応しています!(JCBブランドを除く)

Pontaポイントなので貯まったポイントをローソンなどで簡単に使えるのもメリットですね

国内・海外旅行保険、ショッピング保険も充実で安心しますね。

 

Yahoo! JAPANカードの申込みはこちら

 

 

 

リクルーカード 基本情報

 

 


 

年会費
(税抜)
無料
家族カード
(税抜)
無料
ETCカード
年会費
無料
{Mastercard
VISAの場合
新規発行手数料
1,000円+税}
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
還元率 1.2%
限度額 100万円
入会資格 18歳以上
(高校生不可)
海外旅行
保険
最大2,000万円
対応電子
マネー
nanaco
楽天Edy※
モバイルSuica
SMART ICOCA※
ApplePayなど

 

 

 

 

楽天カードがおすすめの人

楽天カードの強みは楽天Edy・楽天Payなど幅広い使い道と楽天スーパーポイントが簡単に5倍以上貯められる点です。

ETCカードを無料にできる

どんどん貯まる期間限定ポイントも使いやすい!

無料で簡単にポイント5倍まで増やせる!

海外旅行保険がついているので安心

ETCカードを使う方には無料にできる点が嬉しいポイントです。

楽天Edyを使っていた方は楽天カードを使うことによってさらにお得にポイントを貯められて、色々な場所で使うことができます。

楽天ポイントは簡単に5倍〜7倍まで誰でも貯められるので、ザクザク貯まっていきます。

海外旅行に行くなら楽天カードが手厚く安心です。

その上、楽天ゴールドカードがあり、ワンランク上を目指せるのはポイントですね。

 

楽天カードの申込みはこちら

 

 

楽天カード 基本情報

 


 

年会費
(税抜)
無料
家族カード
(税抜)
無料
ETCカード
年会費
500円+税
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
AMEX
還元率 1.0%~3.0%
限度額 100万円
入会資格 18歳以上
(高校生不可)
海外旅行
保険
最大2000万円
対応電子
マネー
楽天Edy
楽天Pay
ApplePay

 

 

比較表

 

  リクルート
カード
楽天カード
入会
キャンペーン
 ◎  ◎
審査  ◎  ◎
ETC  ◎  ○
電子マネー  ◎  ◯
ポイント
付与条件
 ○  ◯
ポイント
還元率
(対応サイト)
 ○  ◎
ポイント
使い道
 ◎  ◎
期間限定
ポイント
使い易さ
 △  ◎
保険  ◎  ◯
ゴールドカード  -  ◎

 

主な違いはこちら

ポイント還元率1.2%と高く、電子マネーチャージも対応するためポイント還元は断然リクルートカード有利

ポイントの使い勝手はPontaポイントも楽天ポイントも使いやすいので引き分け。

オンラインショッピングの還元率は断然、楽天カード有利!

期間限定ポイントは楽天カードが便利に使えて有利

保険は海外旅行疾病・傷害保証は楽天カードが有利だが、ショッピング保険・国内旅行保険までついているリクルートカード有利

基本情報は似たようなカードですが細かい条件になるとメリットがはっきりと分かれます。

どちらも年会費無料でトップクラスのクレジットカードですので、作っても後悔はしません。

おすすめは2枚持ちでネットショッピングは楽天カード、それ以外はリクルートカードにすると最強です!

「めんどくさい」、「一枚でいい」という方は

楽天市場使う人なら、楽天カード

楽天市場使わない、金額が少ないなら、リクルートカード

が絶対に外しません。あなたの使いたいポイントによって合わせて選ぶのがポイントです。

どちらにせよザクザクポイントが貯まって行くのは快感です。

国際ブランドを変えて両方作るというのも手かもしれませんね♪この機会にぜひどうぞ!

 

楽天カードの申込みはこちら

 

Yahoo! JAPANカードの申込みはこちら

 

-楽天カードとオリコカード比較

Copyright© ラククレ , 2021 AllRights Reserved.